お寺

天龍寺に行ってきました!見どころいっぱいの観光スポット

天龍寺に行ってきました!見どころいっぱいの観光スポット

こんにちは!めぐるです。

1泊2日で嵐山に観光旅行に行ってきました。

多くのお寺や神社がある地域なので、行ける範囲で回ってきましたよ。

この記事では、その中から世界遺産「天龍寺」に参拝したときの感想を写真と一緒にご紹介します。

天龍寺への行き方。渡月橋を渡って真っ直ぐ

泊まる予定の旅館へ荷物を預けて天龍寺へ向かいました。

渡月橋

有名な渡月橋を渡って、そのまま真っ直ぐ。
修学旅行生や外国人観光客であふれかえっていたので、ゆっくりと歩いていきいましたが、10分ぐらいで到着。

大きなお寺で、目立っていたのですぐにわかりました。

天龍寺入り口

天龍寺で御朱印を頂きました!

なにせ広いお寺なので、いろいろ見て回ろうと思ったのですが、先に参拝を済ませて御朱印を頂きました。

天龍寺の御朱印

頂いた御朱印はスタンプでした。参拝客が多いので、仕方のないところですね。
運がよかったのか、特に待ち時間もなくいただけました。

手書きの御朱印がいいという方はこちらの記事をご覧ください。

世界遺産「天龍寺」は嵐山にある大きなお寺。アクセス・御朱印を紹介
世界遺産「天龍寺」は嵐山にある大きなお寺。アクセス情報・御朱印を紹介京都・嵐山にある天龍寺は世界遺産に登録されている、美しくて大きなお寺です。京都観光には欠かせない観光スポットとして有名ですね。今回は、そんな天龍寺について基本情報をご紹介したいと思います。...

天龍寺の混雑具合は?

私が観光に行ったのは4月24日、25日でした。
桜もほとんど散った後なので、ちょっとは空いてるかな~と思っていたんですが。。。

京都でも指折りの観光地ということもあって、渡月橋付近からかなり混雑していました。

修学旅行生と外国人が主だったでしょうか。
時期によってはもう少し空いている時期もあるかもしれませんが、さすが有名な観光地だなと感じました。

天龍寺に関しては紅葉で有名なので、10月~11月にかけてはかなり混雑する模様。
私が行ったときも混雑しているとは感じましたが、それでもお寺は広いので、比較的ゆったりと過ごすことができました。

秋の天龍寺もいいですが、新緑の時期もまたおすすめですよ。

天龍寺新緑

天龍寺の見どころを写真でご紹介します

ここからは写真多めで、天龍寺の見どころをご紹介します。

800円で庭園(曹源池・百花苑)+諸堂(大方丈・書院・多宝殿)を見て回りましたが、とても素敵な雰囲気でした。

まずは、諸堂(大方丈・書院・多宝殿)から。土足禁止なので、靴を脱いで回ります。

天龍寺達磨の絵

達磨の絵があったり、畳で少し座れるスぺースがあったりと和の雰囲気がとても心地よい空間です。

天龍寺渡り廊下

渡り廊下から各建物へゆっくり回れます。

天龍寺庭園

とてもきれいな庭園も見渡せました。

天龍寺大方丈

大方丈

天龍寺多宝殿

多宝殿

次は靴を履いて、庭園の方へ。
雨が降りそうな天気の中回っていきましたが、思ったより広かったので驚きました。

ぐるっと山の中にも入っていって、30分くらいは経っていたかもしれません。

庭園から見た大方丈

庭園から見た大方丈。

天龍寺から見た山並み

緑がきれいな山並み。
紅葉の時期はこれが全部赤く染まるんですね。

天龍寺庭園風景 天龍寺庭園風景 天龍寺庭園風景 天龍寺庭園風景 天龍寺庭園風景

庭園の方から山の方へ入っていくと「桜」「ツバキ」「石楠花」などなど、きれいなお花があちこちに咲いていました。

天龍寺竹林

他にも竹林や、、、

天龍寺硯石

硯石

天龍寺カエルの置物

カエルの置物。
カエルの前のお皿にお金を投げ、入ると幸せになれるらしいです。

天龍寺風景

他にも見どころいっぱいの天龍寺でした。

まとめ

一度は行ってみたかった天龍寺を堪能できました。

紅葉の季節にも行ってみたいとは思いますが、混雑具合がすごいらしいので、行かれる方はお気をつけて!

でも、春夏秋冬どの季節でも楽しめると思うので、まったり楽しみたい方はちょっと中途半端な時期(言い方 笑)に行ってみるのもおすすめですね。