お寺

太融寺に参拝へ!梅田にある大きなお寺で御朱印も頂きました

太融寺に参拝!梅田にある大きなお寺で御朱印も頂きました

こんにちは!めぐるです。

大阪・梅田にある「太融寺」へ参拝に行ってきたので、ご紹介しようと思います。

大都会・梅田にあるとは思えないほど大きめのお寺で、見どころも満載でした。

御朱印もしっかりいただいてきたので、ご紹介しますね。

太融寺とは?読み方や由来をご紹介

太融寺の読み方

太融寺は「たいゆうじ」と読みます。

太融寺の由来(縁起)

太融寺は、西暦821年に嵯峨天皇の命で弘法大師(空海)が創建しました。

1615年の大阪夏の陣の際に全焼してしまいましたが、元禄時代(1688年~1704年)に再建。
1945年、大阪大空襲の際、再度全焼(ご本尊千手観世音菩薩は無事だったそうです)、戦後に再建されて現在に至ります。

太融寺の宗派

高野山真言宗

本尊千手観世音菩薩
新西国三十三所霊場第2番札所
おおさか十三仏霊場第8番札所
近畿三十六不動尊霊場第6番札所
ぼけ封じ三十三観音霊場第7番札所

太融寺のご利益

無病息災・ぼけ封じ・一願成就・厄除け・金運、等

太融寺へのアクセスと営業時間

太融寺の最寄り駅

JR「大阪駅」から徒歩約10分
阪急、阪神、大阪メトロ御堂筋線「梅田駅」から徒歩約10分
大阪メトロ谷町線「東梅田駅」から徒歩約7分

太融寺へのおすすめの行き方

最寄り駅から地下を通って「泉の広場」を目指しましょう。

泉の広場「M14」出口から出ると徒歩3分ほどで到着します。

太融寺の営業時間

8:00~17:00(御供所受付時間)

太融寺の御朱印をいただきました!

今回頂いたのは、新西国三十三所霊場第2番札所「大悲殿」の御朱印です。

目の前でスラスラと書いて頂きました。

太融寺の御朱印をいただきました!

力強さを感じる御朱印ですね~。ちなみに300円で頂けました。

境内図から見る太融寺の見どころは?

まず、こちらが境内にあった太融寺の境内図です。

太融寺の境内図

私が入ったのは西門から。

淀殿のお墓があったのでしっかりとお参り。

淀殿のお墓

淀殿のお墓の隣には「水子供養の地蔵尊」がありました。

水子供養の地蔵尊 水子供養の地蔵尊

太融寺の鐘楼
大阪大空襲の際にこの鐘は焼け残ったことから「鐘が残る⇒お金が残る」ということで、金運のご利益があるとされています。

太融寺の鐘楼

白龍を祀る「白龍神社」があります。

白龍神社

白龍神社の隣には「ぼけ封じ観音像」が立っていました。
ここがぼけ封じ三十三観音霊場第7番札所です。

ぼけ封じ観音像

参拝日(4月18日)はきれいな八重桜が咲いていました。

太融寺の八重桜

新西国三十三所霊場第2番札所「大悲殿」

新西国三十三所霊場第2番札所「大悲殿」

ネパールから贈られた「マニ車<経車>」というのがありました。

おおさか十三仏霊場会では、ネパールに学校建設の援助を行っているそうで、そのお返しとしてこのマニ車が贈られたとのこと。

マニ車の中にお経が納められていて、手でまわすとお経を一巻お唱えするのと同じ功徳があるそうですよ。

ネパールから贈られた「マニ車<経車>」

小さくてかわいい「榎木稲荷」

榎木稲荷

とても立派な「宝塔」

太融寺の宝塔

4月18日に参拝したのですが、「護摩堂」に人が集まり、大きな太鼓の音に合わせてお経を唱えていました。

太融寺の護摩祈祷

何だろうと思って調べてみると、毎月18日は護摩祈祷をやっているそうです。

太融寺のHPに詳しい行事日程が書かれていました。

まとめ

今回は「太融寺」をご紹介しました。

梅田駅からのアクセス良好、広い境内で見どころもたくさん。
ほっとできる雰囲気がありました。

周りが歓楽街(ホテル街)ということで、ちょっと行きづらい面もありますが、興味がある方は一度参拝してみてはいかがでしょうか。