お寺

お寺参拝のマナーは?正しいお参りの方法や御朱印の頂き方を解説

お寺参拝のマナーは?正しいお参りの方法や御朱印の頂き方を解説

こんにちは!めぐるです。

前回は神社の参拝のマナーをまとめさせていただきましたが、今回は「お寺」のお参りの基本的なマナーについてです。

前回の記事はコチラ↓↓

神社参拝のマナーは?手水のやり方や御朱印の頂き方の基本を解説
神社参拝のマナーは?手水のやり方や御朱印の頂き方の基本を解説神社に行って御朱印を頂く。その際のマナーはご存知ですか?知っているようで意外と知らない、鳥居のくぐり方、手水やお詣りのやり方、御朱印の頂き方まで基本的な知識をわかりやすくご紹介します。...

神社とお寺で共通の部分もありますが、やっぱり少し違う部分もあります。
きちんと理解して、いざ参拝!という時に困ることのないようにしておきましょう。

お寺の入り口「山門」の正しいくぐり方は?

お寺の入り口には「山門」があります。
神社でいうと鳥居にあたりますね。

山門の先は仏様の聖域となりますので、礼儀をもってまずはきちんと一礼します。
帽子をかぶっている場合は必ず脱帽して、衣服は整えるようにしましょうね。

山門から中に入る際には敷居がありますが、敷居は踏んではいけません
必ずまたいでお寺に入るようにしましょう。

参拝が終わって帰る際にも、同じように本堂に向かって一礼するのを忘れずに!

手水(ちょうず)の作法!正しい身の清めかた

山門をくぐったら手水舎を目指します。
ただし、手水舎がないお寺もあるので、その場合は手水は省略したもらっても大丈夫です。

手水の方法は神社と全く同じで大丈夫!
左手⇒右手⇒口⇒左手⇒柄 の順番で清めていきます。

詳しい方法はコチラで解説していますので、参考にしてくださいね。

お参り前に鐘をつき、線香の煙で身を清める

鐘をつかせて頂く

さていよいよ本堂へお参り!といきたいところですが、お寺によっては鐘をつけるようになっているのでせっかくですからつかせて頂きましょう。
鐘をつくことで仏様へのご挨拶になりますよ。

ただし、つくといってもゴンゴンと大きな音ではなく、静かにおこなうようにしましょう。
また、参拝後に鐘をつくことは「戻り鐘」といって縁起が悪いこととされていますので、鐘をつくなら参拝前にしてくださいね。

鐘をつくことを禁止しているお寺もありますので、つく前に必ずOKかを確認するようにしてください。

線香の煙で身を清めよう

こちらもお寺によってですが、香閣(こうかく)常香炉(じょうこうろ)が本堂の近くに用意されているところがあります。

こちらにお線香をお供えし、その煙を手で仰いで体に当て、身を清めます。
このお線香の煙ですが、体の悪い部分を良くする効果があるともいわれています。
私も頭に煙を当てるようにしていますよ(笑)

お線香に火をつける際は備え付けのろうそくを使ったり、ほかの人から火をもらったりはしないようにしましょう。他人の業をすべて引き受けてしまうといわれ、とても縁起の悪い行動になります。

お寺の正しいお参り(参拝)の方法は?

お清めがすべて終わったら、いよいよ本堂へのお参りです。

一礼、静かにお賽銭

まずは本堂へ向かって一礼します。
そして、お賽銭を行います。
お金は投げるようなことはせず、静かにお賽銭箱に入れるようにしてください。

お賽銭の金額については特に決まっていません。
お寺のお賽銭は、金銭への執着を捨てるという意味を持っているので、金額の多い少ないは全く関係ないということですね。

鰐口を鳴らす

鰐口がある場合は、鐘と同じように静かに鳴らしましょう
鰐口は賽銭箱の上からぶら下がっている仏具です。

鰐口を鳴らす

鰐口を鳴らす回数ですが「仏・法・僧」にちなんで3回鳴らす方が多いようです。
特に決まりがあるわけではないですが、ご参考にしていただければ!

合掌して一礼

背筋を伸ばして目を閉じます。

胸の前で静かに合掌してください。
合掌は手のひらをぴったりと合わせるようにしましょう。

神社の場合は2拍手しますが、お寺の場合は拍手は打たないようにしてくださいね。

そして合掌したまま本堂に向かって一礼してその場を静かに離れましょう。

お寺によってはお題目を唱えるようにと提示されている場合がありますので、その場合は行うようにしましょう。

お寺への参拝の証「御朱印」を頂きましょう!

御朱印を頂きたい場合は参拝が終わってから
寺務所などで書いていただけます。

御朱印帳の御朱印を頂きたいページを開いて「御朱印をお願いします。」とお寺の方に声をかけましょう。

神社と同じく、書いて頂いている間は静かに待ちましょう。

宗派によっては御朱印がなかったり、神社と同じ御朱印帳には書いて頂けなかったりしますが、そこは決まりとして素直に従うようにするのがマナーです。

まとめ

いかがでしたか?

神社との違いがお分かりいただけたと思います。

そんなに大きな違いがあるわけではないですが、神社には神社のお寺にはお寺の決まりがあるのできちんと守るようにしましょう。

ただし、今回ご紹介したのはお寺の参拝の基本的なマナーです。
お寺、宗派の違いで一部マナーが変わることもあるので、その場合はしっかり従うようにしましょうね。

マナーを少し間違ってしまったとしてもあまり気にしないようにするのがいいですよ。
大切なのは礼儀正しく、感謝の気持ちをもって参拝することです。

その部分はお寺も神社も共通していますね。