御朱印集めの基本知識

神社・お寺参拝の醍醐味「御朱印」とは?見方やマナーを知っておこう

神社・お寺参拝の醍醐味「御朱印」とは?見方やマナーを知っておこう

こんにちは!めぐるです。

御朱印集めにハマってしまった私ですが、そもそも御朱印ってどういうものなのか、あなたは知っていますか?

御朱印集めを趣味にする人が増えている昨今、私を含めて「御朱印ガール」と呼ばれる人も出てきているほどブームになっている御朱印。

御朱印の意味、御朱印には何が書かれているのか、頂く際のマナーなどなど、知っていることで御朱印集めがさらに楽しくなるかも…そんな知識をご紹介します。

御朱印とは?御朱印を集める前に由来も知っておこう

御朱印って一体何なんでしょうか。

由来を調べると、御朱印はそもそもお寺で写経(仏教の経典を書写すること)をした際に、それを納めるとその「証」として頂けるものだったようです。

それが今では納経(写経を収めること)をしなくても、参拝すればその証として頂けるようになってるんですね。

このようにお寺で始まったとされる御朱印ですが、今では神社でも頂けるようになっています。
一般に広く広まって、参拝すれば頂けるようになり、とてもありがたいものですね。

御朱印とは?御朱印を集める前に由来も知っておこう

御朱印を頂く意味って?きちんと理解しておくのが大事

御朱印の由来がわかったら、御朱印を頂くことの意味も見えてきます。

もともとは納経しなければ頂けなかったものが御朱印で、簡略化されているとはいえ、現在もその意味自体は変わっていません。

神社やお寺で御朱印を頂くということは、そこで祀られている神様や仏様にきちんと挨拶したよっていう証になるんですね。

なので、参拝もせずにスタンプラリー感覚で御朱印を集めるなんて行為は絶対にしてはいけませんよ。

御朱印はこう見る!見方がわかるとさらに楽しい

御朱印を集めているけど、何が書かれているのかよくわからない…そんなことはありませんか?

字が達筆でかっこいい、雰囲気が好き、などの理由で集めている方もいるかもしれませんが、どこに何が書かれているのか理解できるとさらに集めるのが楽しくなりますよ。

そこで、基本的な御朱印の見方をわかりやすくご紹介しますね。

神社の御朱印の見方

神社の御朱印の見方

①奉拝

「つつしんで参拝させていただきました」という意味。神社によっては「参拝」などの類語で書かれることもあります。

②神社名

中央に大きく神社の名前が書かれることが一般的です。
神社によっては神社名の押印だけのところや、御祭神(その神社で祀られている神様)の名前が書かれるところもあります。

③神社名の印

その名の通り、神社の名前が書かれた印が押されます。
神社によって書体が違う場合があるので、いろいろな印を見つけてみましょう。

④神紋

家には家紋というものがありますが、神社にも古くから伝わる紋があります。
これを「神紋」や「社紋」といい、これを見ることでその神社の意外な歴史がわかってくるかもしれません。

⑤参拝した年月日

その神社に参拝して御朱印を頂いた日付が書かれます。

⑥その他

その神社ならではのオリジナルの印や、ゆかりのある言葉などが書かれる場合があります。
生田神社の場合は「縁むすびの神」と書かれていますね。

ここは神社によってオリジナリティが出てくるので、見ていてとても楽しいです!

お寺の御朱印の見方

お寺の御朱印の見方

①奉拝

こちらは神社と共通です。

②寺院名

お寺の名前です。基本は左下に入ることが多く、お寺によっては御朱印を頂いたお堂の名前が入ることもあります。

③ご本尊名、お堂名

そのお寺の信仰対象、ご本尊名が入るのが一般的ですが、ご本尊があるお堂の名前が入ることもあります。

④御宝印、三宝印

ご本尊を表す御宝印や仏,法,僧,宝の4字を刻した印である三宝印が中央に押されることが多いです。

⑤寺院の印

お寺の印、または御朱印を頂いたお堂の印が入ります。

⑥参拝した年月日

そのお寺に参拝して御朱印を頂いた日付が書かれます。

⑦山号、札所の番号印

お寺につける称号である山号、四国八十八ヶ所などの霊場では札所番号の印が押されます。

御朱印ってどうやって受け取る?マナー違反にならないように

御朱印の受け取り方

御朱印を頂く際は、まずはきちんと参拝を済ませます。
参拝が終わったら、御朱印を受け付けている場所に行って御朱印を頂けるか尋ねましょう。

御朱印帳の書いて頂きたいページを開いて「よろしくお願いします。」と両手でお渡しします。
書いて頂いている間は雑談を避け、スマホをいじったりもしないようにしましょう。

御朱印を受け取るときに「御朱印代」をお支払いします。
300円や500円のところが多いです。「お気持ちで」といわれる場合もありますが、同じく300円ほどをお支払いすればいいと思います。

御朱印を受け取る際はきちんと両手で受け取り、お礼を言って一礼するようにしましょう。

御朱印を頂く際のマナー

御朱印帳を用意する

御朱印は御朱印帳に頂くのが基本です。
御朱印帳は神社やお寺で購入できるところもありますが、置いてないところもあるので、事前にしっかり調べるようにしておきましょう。

御朱印帳を忘れた場合は、別の紙に書いて頂けることもありますが、自分がもっている御朱印帳とサイズが合わない、なんてこともあるので御朱印帳は用意しておきましょうね。

小銭を準備しておく

御朱印代は300円のところが多いので、おつりが出ないように可能な限り小銭を用意しておきましょう。
神社によってはお札で支払えないところもあるので注意が必要です。

時間をきちんと守る

御朱印を頂ける時間帯にも決まりがあります。
遠くから御朱印を頂きに来たからといって、無理にお願いするのはマナー違反です。
神社やお寺は朝が早く、夜は早いと覚えていたほうがいいですね。

御朱印を頂けない場合もあると理解する

時間を守っていても、御朱印を書く人がいない場合や、そもそも御朱印を書くということをしていないところもあります。

お寺、神社、宗派によってさまざまありますので、事前に調べておくのが大切です。

本と同じように書いて

御朱印がブームになっているので、いろいろな本やネットでも御朱印を見ることができます。

ただ、御朱印は基本的には1つ1つ手書きで書いて頂けます(神社によっては印刷のところもあります)。
なので書く人によって個性が出るのは当然です。

間違っても「本と同じように書いて」とか「本と違う」といった文句は言わないようにしましょう。
手書きの御朱印は、世界で一つしかないものです。
二度同じものは頂けない奥深さを楽しむようにしましょうね。

まとめ

いかがでしたか?

御朱印集めがブームになって、マナー違反も増えてると聞くことも多いです。

中にはそういう人もいるとは思いますが、私はそういうことは絶対に言われたくないと思うので、しっかりとマナーを守っていきます。

マナーといってもそんなに難しいわけではなくて、常識の範囲で礼儀をもっていればいいというだけですからね。

ぜひ参考にしていただければ嬉しいです。