御朱印集めの基本知識

御朱印帳の選び方や注意点を紹介!神社とお寺では分けるべき?

御朱印帳の選び方や注意点を紹介!神社とお寺では分けるべき?

こんにちは!めぐるです。

御朱印集めに必須なのが御朱印帳です。

一言に御朱印帳といっても種類はさまざま。
御朱印ブームということもあって、いろんなところで購入することができます。

どんなものを用意すればいいのか、神社とお寺で分けるべきなのか、御朱印集めを始めたばかりの人は結構迷っちゃいますよね。

そこで、今回は御朱印帳について詳しくご紹介していきます。

御朱印帳はどこで買うのがいい?値段は?

御朱印帳が欲しい場合の購入方法はさまざまありますが、大きく分けて2つご紹介します。

神社やお寺で頂く場合

やはり一番おすすめなのが、御朱印を頂くときに一緒に御朱印帳を頂くことです。

神社やお寺ではオリジナルの御朱印帳を用意しているところがあり、お守りやお札が売っているところで一緒に購入することができます。

その神社・お寺の名前が入っていたり、ゆかりのあるデザインが入っていたりと本当にさまざまあります。
凝ったデザインの御朱印帳なんかは見ていてとても楽しいですし、つい買っちゃうんですよね(笑)

特に初めて御朱印帳を買う場合だと、思い入れのある神社やお寺でお気に入りの一冊を探してみるのもいいんじゃないでしょうか。

ただし、御朱印帳を置いていないところも多々ありますので、注意が必要です。

御朱印帳を神社やお寺で頂く

ネット通販で購入する場合

上でも書いていますが、御朱印帳を売っていない神社・お寺もあります。
いざ御朱印を頂くときに御朱印帳を用意できていないと困ってしまいますよね。

そんな時のためにネット通販でもいろいろなところで御朱印帳を購入することができます。

デザインは多種多様、かっこいいものから可愛いもの、キャラクターとコラボレーションしているものまでたくさんあるので、自分好みのものを選べるのがメリットですね。

アマゾンや楽天、また御朱印帳専門店なんかもあるようなので、ぜひ探してみてください。

番外編:御朱印帳を自作する

さて、ネットでは御朱印帳自作キットなるものが売っているんです。
自分だけの御朱印帳を手作りしてしまおうというわけですね。

やはり自分で手作りすると思い入れも変わってきますから、チャレンジしてみるのもいいのではないでしょうか。

私はとっても不器用なので、自作はむずかしいかな。。と思いますが(笑)

御朱印帳はいくらで買える?

御朱印帳の値段に関しては、これはピンキリです。
高級なものでは1万円を超えるようなものもあるようです。

ですが、平均的にみると1000円から2000円の間で買えるものが多いですよ。

御朱印帳の種類は?サイズやタイプの違い

御朱印帳には大きさやタイプにも違いがあります。
事前によく調べて自分に合っているものを選ぶようにしましょう。

御朱印帳のサイズ

私が持っている御朱印帳はすべて同じサイズなので、あまり意識したことはありませんが、御朱印帳にもサイズの違いがあります。

標準サイズ

110mm(11cm)×160mm(16cm)のサイズが標準サイズで、多くの御朱印帳はこのサイズのものです。
私が持っているのもこのタイプ。

大きさでいうと文庫本とほぼ同じくらいなので持ち運びしやすく、とても便利です。

大判サイズ

120mm(12cm)×180mm(18cm)のサイズ。

御朱印の見方の記事でご紹介していますが、お寺の御朱印は神社に比べて少し複雑です。

こちらで御朱印帳の見方を確認できます>>

書く項目も多いので、お寺で御朱印帳を買うと大判サイズだったということもあるようです。

大は小を兼ねるともいうので、大判サイズを買っておけば無難かもしれませんね。

御朱印帳のタイプ

御朱印帳のタイプにも大きく分けると2つあります。
それぞれ特徴がありますのでご紹介しますね。

蛇腹(じゃばら)式

蛇腹(じゃばら)式

一般的なタイプで、神社やお寺で御朱印帳を購入するとほとんどこのタイプだと思います。

横にずらーっと広げることができるので、集めた御朱印を一気に見ることができて圧巻ですよ。

御朱印を書いて頂く際も、フラットにできて書きやすいそうですので、そういう意味でもこの蛇腹式がとてもおすすめです。

和綴じ(わとじ)式

和綴じ(わとじ)式

本のようにページをめくることができるタイプです。

紐で綴じられているものが多く、紐をほどくことで順番を入れ替えることが可能です。
霊場巡りなど、順番を間違えてもあとから入れ替えられるので便利ですね。

書き手からすると、綴じている箇所が邪魔になるようで、少し書きにくいみたいですね。

めぐるのおすすめ

さあ、サイズやタイプがわかったところで私のおすすめですが、サイズは標準、タイプは蛇腹式です。

標準サイズは持ち歩くのに最適なので、よくお寺や神社巡りをする人はこちらを選ぶのがいいと思います。

集めた御朱印を一気見する時や、書き手のことも考えると蛇腹式は外せないですね。

御朱印帳の保管方法は?

集めた御朱印帳はどうやって保管していますか?

神棚にきちんと保管しておかないといけない!なんて聞いたことがありますが、本当なんでしょうか。

答えとしては御朱印帳の保管について、特に決まりはありません。

もちろん神棚に保管してもいいですし、本棚にほかの本と一緒に置いておいても大丈夫。

ただし、御朱印帳に書かれている御朱印は神様や仏様との大切なご縁です。
失礼にあたるので雑に扱うのだけはやめましょうね

御朱印帳は神社とお寺で分ける方がいい?

最後に、神社とお寺で御朱印帳を分けるべきなのか
気になるところですよね。

基本的には個人の自由というのが答えになります。

そもそもの日本は「神仏習合」の考えなので、神社やお寺を分けて考えることはありません。
ただ、江戸時代後半から始まった「神仏分離」の考えが今も残っているところもあります。

なので、神社、お寺によっては御朱印帳を分けないと御朱印はいただけないというところもあるようです。
私はまだそういった経験はありませんが、そういうこともあると理解はしておいたほうがいいでしょう。

まとめ

いかがでしたか?

御朱印帳について、基本的なところをまとめてご紹介させて頂きました。

サイズやタイプはもちろんですが、探してみると本当にいろんなデザインがありますね。

お気に入りの御朱印帳があれば御朱印巡りもさらに楽しくなるもの!ということでぜひお気に入りの一冊を探してみるのはいかがでしょうか。